ひな祭り(桃の節句)の行事と由来 桃の花が咲かない3月3日が桃の節句の理由とは?

雛祭りの由来

3月3日はひな祭り。

女の子の健やかな成長を願う年中行事です。
雛祭りが桃の節句(もものせっく)とも呼ばれる理由は、もともと5節句の一つとしての年中行事だったためです。

  • 1月7日 「人日の節句(七草の節句)」
  • 3月3日 「上巳の節句(桃の節句)」
  • 5月5日 「端午の節句(菖蒲の節句)」
  • 7月7日 「七夕の節句(星祭)」
  • 9月9日 「重陽の節句(菊の節句)」

月と日が奇数で重なった日を5節句といい、宮中では節会(せちえ)と呼ばれる宴会が行われていました。
1月だけは7日になっていますが、もとは1日の元旦でした。
「おせち」は「節会」から来ています。

節会は5節句すべてで行われていましたが、後に正月料理だけが「おせち」として残りました。

陰陽道では奇数は陽と考えますが、陽の月と陽の日を足すと陰である偶数になり、好ましくない日と考えられました。
これらの日に厄払い・邪気払いとして節会が行われていました。

雛祭りのはじまり

雛祭りがいつから始まったかはわかっていません。

  • 平安時代の貴族の子女の人形遊び「ひいなあそび」
  • 紙で作った人形(ひとがた)を川に流す「流し雛」

この二つが合わさって雛祭の起源となった言われています。

現代でも白い紙で作った人形(ひとがた)・形代(かたしろ)に厄やケガレを移して払う行事を行う神社もあります。

雛祭りが3月3日の「上巳(桃の節句)」に行われるようになったのは16世紀後半と考えられています。
時代が下ると流す人形(ひとがた)から飾る人形(にんぎょう)へと変遷します。

江戸時代初期に御所で「ひなまつり」が催されてから、武家・町人へ雛祭りの習慣が広まっていきました。
広まりはじめた江戸時代初期には座っていない状態の人形もあったとされています。

人形となっても「災厄よけ」の「守り雛」の意味は変わらず、災いや厄を肩代わりしてもらうための身代わりとなる存在です。

行事としてのひな祭り

雛祭りといえば雛人形。

ですが、ひな祭りを彩る小物や食べものは多々あります。

  • 雛人形
  • 桃の花と橘
  • 菱餅
  • 雛あられ
  • ちらし寿司と蛤のお吸い物
  • 白酒

それぞれの由来について見てみましょう。

雛人形(ひなにんぎょう)

雛祭りの主役はひな人形。

男雛女雛一対の1段のものから、7段までさまざまな大きさのものがありますが、ぼんぼりと桃の花、菱餅、雛あられ、白酒を供える点ではいずれも変わりません。

(飾る時期としまうタイミングは後述)

桃の花(もものはな)と橘(タチバナ)

桃・橘いずれも厄除けや不老長寿をもたらすといった意味があります。

3月3日は桃の節句だけに、桃の花は欠かせません。
しかし桃の花は時期外れなだけに、買ってくるしかないですね。

橘(タチバナ)は京都御所の紫宸殿を意識した場合に用いられます。

菱餅(ひしもち)

菱餅は上から順に赤・白・緑が一般的ですが、異なるものもあります。

  • 赤 厄除け:赤いクチナシの実(紅) 生薬として漢方に使われています
  • 白 純白・清浄:ヒシの実 脂肪の吸収や血圧上昇を防ぐ作用があることがわかっています
  • 緑 健康/長寿:ヨモギ 貧血予防をはじめ、外傷・内服問わず用いられてきました

色は縁起物と考えられがちですが、実際に薬効のある成分を用いている健康食でもありました(菱餅そのもので健康になれるかは別問題)。

ちらし寿司と蛤の吸い物

ちらし寿司は近年に一般化したものなので、明確な由来がありません。

具材はおせち同様に、えび、れんこん、豆などの縁起物を用います。

二枚貝のはまぐりは、対の貝殻しか合わないことから、夫婦和合の象徴と考えられてきました。
雛祭りでは良縁に恵まれることを願って食されてきました。

白酒(しろざけ)

しろき、しろさ、しろささとも呼ばれます。
豊島屋本店のものが有名。

かつて上巳の節会で桃の花を浸して飲んでいた酒が変化して、雛祭りのお供えとなったと考えられています。

甘酒と間違えられやすいですが、白酒はアルコール度数が9%ほどと高いため、子どもは飲めません。

雛人形を飾る時期としまうタイミング

雛人形を飾る時期は地域によって異なります。

立春(節分の翌日)~2月中旬くらいに飾る地域が多いようです。
せっかく飾りつけをするのだから長めに、という場合は、節分の後に出してもいいようです。

雛人形はいつまでにしまう?

「3月3日を過ぎても出していると嫁に行けない」といった考え方もあるようですが、とくに根拠があるわけではないそうで、雛祭りのあと、都合のいい日でよいようです。

啓蟄までに片づけるという家もありますが、後述するように旧暦では春分の日の後の行事だったので根拠はないようです。

また、月遅れ(旧暦)の4月3日まで出していても問題はないようです。

このあたりは地域差や家によっても違うので、周囲の人の意見を参考にするというのがいいかもしれません。

桃の節句、お祝い金はいくらくらい?

大体の目安ですが、祖父母のお祝いの金額が多いのは雛人形を贈ることがあるためです。

  • 祖父母: 50,000円 ~ 300,000円
  • 親戚・兄弟: 5,000円~10,000円 (+ お祝いの品)
  • 友人・知人: 3,000円 ~ 5,000円(または お祝いの品)

贈る側としては子どもの喜んでくれるプレゼントを、と考えますが、家庭によっては衣服であったり現金のほうが喜ばれることもあります。

無粋に感じますが、予め聞いておくほうが喜ばれるかもしれません。

なぜ梅の季節に桃の節句なのか

3月上旬はまだまだ寒く、梅がやっと芽吹く季節。

桃の花は桜よりもやや早く咲くものの、それでも3月下旬にならないとほとんど開花していません。

3月3日に桃の花を飾るのは、どう考えても時期がずれています。

桃の花の季節から外れて桃の節句が行われるようになったのは、旧暦と新暦の関係にあります。

旧暦は太陽太陰暦と呼ばれ、太陽の動きを元にした24節季と月の満ち欠けの二つの要素で暦が決まっていました。

月名一月二月三月四月五月六月七月八月九月十月十一月十二月
節気立春啓蟄清明立夏芒種小暑立秋白露寒露立冬大雪小寒
中気雨水春分穀雨小満夏至大暑処暑秋分霜降小雪冬至大寒

太陽の動きをもとに決められた24節気は12の節気と12の中気からなり、中気が含まれる月を暦の「月」と決めていました。

桃の節句は春分の日の後だった

旧暦では24節気による春分の日が含まれる月を2月としていました。

新暦では春分の日は3月23日前後ですが、かつては2月にあったわけです。

桃の節句(ひな祭り)は旧暦の3月3日。

春分の日を挟んだ春のお彼岸を過ぎて、春めいてきた頃の行事でした。
桃の節句は春分の日の後、現代の3月下旬か4月上旬の桃の季節に行われていたことになります。

現代の桃の節句は新暦の3月3日に行われるので、桃の季節を感じられないのは当然と言えば当然ですね。

旧暦は新暦と1月前後のずれが生じるため、寒い地域では月遅れの4月3日に行われることもあります。

雛祭りの夜は三日月だった
旧暦(太陽太陰暦)では、一日が新月と決まっていました。
したがって3日の晩に出る月は三日月でした。

半月と新月の間の欠けた状態の月ではなく、ほんのり月の形が分かる程度の、語源どおりの三日月だったわけです。

9月9日の重陽の節句が、菊の季節である10月中旬からずれているのも同じ理由です。

現代では年中行事で季節を感じるのは無理!と考えると、なんとなく味気なさを感じてしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.