雪道・凍った道をノーマルタイヤで走るのは違法って知ってました?

タイヤチェーン

雪道や凍結した道をノーマルタイヤで走行すると法令違反になるって知ってました?
雪の降らない地域にいるとピンとこないのですが、沖縄以外では都道府県での道交法施行細則で定められているそうです。

筆者はまったく知りませんでした。

雪の多い地域に行くときは走れなくなるのでつけるし、平地でたまたま多少の雪に遭遇したなら、注意深くそのまま走ってしまいますよね。
いくら注意深く走ろうがだめなものはダメということのようです。

法的根拠と違反した場合の処分

「雪道や凍結した道をノーマルタイヤで走ってはいけない」の法的根拠は、各都道府県の公安委員会が制定した道交法施行細則で定められています。

各都道府県の細則は道路交通法71条6号にもとづいています。

(運転者の遵守事項)

第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

六 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

(罰則 第一号、第四号から第五号まで、第五号の三、第五号の四及び第六号については第百二十条第一項第九号 第二号、第二号の三及び第三号については第百十九条第一項第九号の二 第五号の五については同項第九号の三、第百二十条第一項第十一号)

道路交通法

 

雪道・凍結道路の規定がないのは沖縄のみで、それ以外の都道府県ではスノータイヤもしくはタイヤチェーンの装着を義務付けています。
違反した場合は公安委員会遵守事項違反の行政処分として以下の反則金が科せられます。

  • 大型車 7,000円
  • 普通車 6,000円
  • 2輪車   6,000円
  • 原付  5,000円

減点はありませが違反は違反なので、次回更新でゴールド免許はとれなくなります。

逃げたりごまかそうとするなど、悪質とみなされた場合は刑事処分となり、5万円以下の罰金が科せられます。

都道府県ごとの道路交通法施行細則

(2018年1月22日現在)

北海道

第12条

⑵ 積雪し、又は凍結している道路において、自動車若しくは原動機付自転車を運転するときは、スノータイヤを全車輪に装着し、又はタイヤ・チェーンを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。
⑶ 積雪し、又は凍結している道路以外の舗装道においては、車輪にスパイクタイヤ(道路を損耗するおそれのある金属ピンその他の物が突出した状態で接地部に固定されているタイヤをいう。)を装着して自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。ただし、11月1日から翌年4月9日までの間において自動車又は原動機付自転車を運転する場合又は次のいずれかに掲げる場合においては、この限りでない。

16 道路交通法施行細則

 

青森県道路交通規則

一 積雪又は凍結のため、すべるおそれのある道路において自動車又は原動機付自転車を運転するときは、次のいずれかに該当するものであること。
イ 駆動輪(他の車両を牽けん引するものにあっては、被牽けん引車の最後軸輪を含む。)の全タイヤに鎖その他のすべり止めの装置を取り付けること。
ロ 全車輪に、すべり止めの性能を有する雪路用タイヤを取り付けること。

青森県道路交通規則

 

宮城県

第14条 法第71条第6号の規定により、車両の運転者は、車両を運転するときは、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。
⑴ 積雪又は凍結のため、滑るおそれのある道路において、タイヤに鎖又は全車輪に滑り止めの性能を有するタイヤ(接地面の突出部が50パーセント以上摩耗していないものに限る。)を取り付けるなど滑り止めの方法を講じないで、三輪以上の自動車(側車付きの二輪の自動車及び小型特殊自動車を除く。)を運転しないこと。

kisoku.pdf

 

秋田県道路交通法施行細則

第11条5
(5) 積雪又は凍結のため滑るおそれのある道路において、自動車(小型特殊自動車を除く。)又は原動機付自転車を運転するときは、全車輪に滑り止めの性能を有するタイヤ(接地面の突出部が50パーセント以上摩耗していないものに限る。)又は鎖を取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。この場合において、被けん引車は、そのけん引する自動車の一部とみなす。

第11条

 

福島県道路交通規則

第11条
(1) 積雪又は凍結している道路において、駆動輪(他の車両に 牽けん 引される車両にあつては後輪)にタイヤチエーン又は全輪にスノータイヤ(接地面の突出部の摩耗が50パーセント以下のものに限る。)を取りつける等すべり止めの措置を講じないで自動車(小型特殊自動車を除く。)又は原動機付自転車を運転しないこと。

福島県道路交通規則

 

埼玉県道路交通法施行細則

(運転者の遵守事項)
第10条
(9) 積雪又は凍結によりすべるおそれがあると認められる道路において、自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。)を運転するときは、駆動輪にタイヤチエーンを取り付ける等すべり止めの措置を講ずること。

埼玉県道路交通法施行細則 – 埼玉県

 

神奈川県道路交通法施行細則

第11条
(1) 3輪以上の自動車が積雪の場所を通行するときは、タイヤに鎖を巻き、又は特殊タイヤを用いる等して、滑るおそれのないようにすること。

県例規集第15編警察第6章交通第1節通則

 

東京都道路交通規則

第8条
(6) 積雪又は凍結により明らかにすべると認められる状態にある道路において、自動車又は原動機付自転車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付ける等してすべり止めの措置を講ずること。

東京都道路交通規則

 

愛知県道路交通法施行細則

第七条
五 積雪又は凍結のため滑るおそれのある道路において自動車(二輪のものを除く。)を運転するときは、タイヤ・チェーンを取り付ける等滑止めの措置を講ずること。

愛知県道路交通法施行細則

 

岐阜県道路交通法施行規則

第12条
(4) 積雪又は凍結している道路において、自動車(二輪のものを除く。)を運転すると
きは、タイヤにチエンを取り付ける等すべり止めの措置を講ずること。

Taro-%E5%B2%90%E9%98%9C%E7%9C%8

 

京都府道路交通規則

第12条
(5) 積雪又は凍結している道路において、自動車(2輪のものを除く。)を運転するときは、滑り止めの措置としてタイヤ・チェーン、スノータイヤ(凍結している道路を除く。)等を使用すること。

京都府道路交通規則

京都は2輪を除いています。

大阪府道路交通規則

第13条
(7) 積雪又は凍結のため滑るおそれのある道路において自動車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。

大阪府道路交通規則

 

兵庫県道路交通法施行細則

第9条 法第71条第6号に規定する車両等の運転者が遵守しなければならない事項は、次
の各号に掲げるものとする。
(3) 積雪又は凍結している道路において、自動車(小型特殊自動車を除く。)又は原動
機付自転車を運転するときは、スノー・タイヤ(接地面の突出部が50パーセント以上
摩耗していないものに限る。)を全車輪に装着

B60011.pdf

その他、全ての地域の細則は日本自動車タイヤ協会のサイトにpdfファイルとしてアップされています。

参考 regulations1710.pdf日本自動車タイヤ協会

チェーン取り付けは難しくない?

タイヤチェーンは必要な時に付け外しができるのですが、装着は慣れないと手間取ることがあります。

▼JAFによる取り付け方解説

▼こちらは雪道楽NEOというタイヤチェーンの解説ビデオです。
製品のビデオを確認しながら練習しておくといざという時に手早く装着することができます。


FECチェーン 雪道楽NEO HA-11

装着しやすいタイヤチェーン

タイヤチェーンには昔ながらの金属製のものと、非金属製のものがあります。

上で紹介している金属チェーンは安くてコンパクトにまとめられるので場所を取りません。
そして雪が積もっていたり凍ったところでも比較的走りやすいです。
その反面雪の薄いところでは振動が大きくなります。

一方、ゴムやウレタンの非金属チェーンは値段は高めですが、雪道では安定して走ることができます。

使う頻度や場所で選べばいいでしょう。

日ごろ使わないなら使い捨てを用意しておくのも手

雪が積もる地域に行くことがほとんどなく、緊急用に常備するのなら、巻くだけでいい使い捨てのチェーンが手軽で便利です。
タイヤをしばるようにグルっと撒くだけなので、機械類が苦手な女性でも迷わず使えます。
外すときはニッパーで切るだけとお手軽。

タイヤチェーンの形状にはハシゴ型と亀甲型があります。
一般のタイヤチェーンは亀甲型で、それだけにつけるのが面倒です。
一方、使い捨てチェーンの形状はハシゴ型となります。
ハシゴ型はまっすぐ進むには強いのですが、横滑りには弱いので注意は必要になります。

非常用ということであれば、タイヤに吹きかけるだけでグリップがよくなるスプレー式のものもあります。
坂道では噛みませんし、すぐに効果が薄れますが、緊急時に短距離移動であれば十分使えます。

スプレーチェーン「スプレー式」 [HTRC2.1]

スプレー式のチェーンは道交法上はタイヤチェーンとは認められないのであくまで非常用ということで。
滑り止めになるので、靴に使うのも手。じきに効果はなくなりますが、たしかに滑りにくくなります。

自動二輪・原付きはどうする?

車はチェーン・スタッドレスタイヤ装着でいいですが、自動二輪と原付きはどうすればいいのか。

バイクと原付きはスタッドレスかスパイクかの2択になります。

凍った道を走ることが多いならスパイク、雪道が多いならスタッドレスというのが一般的なようです。
価格はスパイクが高いものの、スタッドレスよりも長持ちするため、値段的にはそれほど変わらないとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください