絶滅危惧種『ニホンウナギ』について考える

「絶滅危惧種」とされて久しいニホンウナギですが、店頭にはたくさん並んでいますし、ふるさと納税でも人気の品としてランキングしています。

そのため本当に絶滅するの?という疑問も生じたり、あるいは危機的状況だとは分っていても、どう危うい状況なのかいまいちピンとこないところがあります。

今年2018年の1月までの記録的な不漁だけをもちだして、「乱獲のせいだ、絶滅は時間の問題だ」と煽る人もいれば、「日本が原因ではない」「理由は分からないのだから日本が気にしなくてもいい」とする人もいる。考え方は人それぞれではありますが、1年2年の変動でモノを言うのは、その年暑ければ「温暖化だ」、寒ければ「寒冷化だ」と、毎年いうようなもの。冗談ならいいのですが、真面目なら建設的とは思えません。

専門家でも合意が形成しきれていないようで素人には測りようがないところがありましたが、資源の管理の必要性からはっきりと保全を訴える専門家も目にします。また、7月8日には天然のシラスウナギの遡上数が減っていることが定量的に確認できたという論文が発表されるなど、研究が進んでいるようです。

ヨーロッパウナギとは異なり、ニホンウナギは国際取引の規制がなされていません。そういう意味ではまだ危惧は小さいのかもしれません。しかし、国内養殖のシラスウナギの2割以上が密漁・密売によるものと考えられるほど横行していることを考えると、資源の管理ができているとは考えにくいとしか言いようがありません。

うなぎを日本の食文化と考えるなら、土用の丑の日にウナギを食べるにせよ食べないにせよ、ニホンウナギがどのような状況にあるかは知っておいてもよいのではないでしょうか。

そんな気持ちで、ウナギの現状をまとめました。

絶滅危惧種となった根拠を理解する

絶滅危惧種はどう決められるか

これを知っておけば、ニホンウナギに限らずヨーロッパウナギやその他の絶滅危惧種がどう決められるのかが分かるようになるはず。

ウナギの流通・価格・密売のデータをグラフで確認

年次や系列を切り替えて表示させられるグラフで確認。実際にグラフで確認すると、いかに輸入に頼っているかが分かります。また、価格の動向もひと目で把握できます。

いまだに減らぬ不透明なシラスウナギ取引、横行する密漁・密売

東京卸売市場でのウナギ価格の推移(月・年別)

ウナギの国内流通量推移 1956年から

ニホンウナギの現状について考える

食べていいのか悪いのか

絶滅危惧種ニホンウナギについて知ることのできるリンク集

うなぎを絶滅危惧種に指定しながら、ふるさと納税で消費を後押しする行政に違和感

多くの文章に目を通すのがめんどくさい人向け

ウナギレポート(中央大学)

面倒な人はここだけ見ればOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください