目の霊山「油山寺」で御祈祷済み 杏林堂の『ブルーベリーサプリ』

杏林堂ブルーベリーサプリ

ドラッグストアに行くと「目にいい」と言われるブルーベリーエキスのサプリメントが数多く売られています。値段もピンキリで、ブルーベリーエキスだけのものから、メグスリノキエキスやルテインなど、目にいいとされる成分を配合したものまでさまざま。

そんなブルーベリーサプリですが、浜松を中心に店舗を展開するドラッグストア「杏林堂」では、プライベートブランド(杏林堂オリジナル商品)のブルーベリーサプリが売られています。

杏林堂のブルーベリーサプリは、ビルベリーエキス(野生のブルーベリー)250mg をはじめ、メグスリノキ、ルテインなど、6種類の成分が結構な量が配合されています。60粒入りで1日2粒服用なので、一袋で一月分にあたります。

配合されている成分と量は小林製薬の「ブルーベリー+ルテイン」のサプリに似ていて、30日分で2,000円程度と価格もほぼ同じ。成分を考えると手頃でいいものだと思います。

 

杏林堂サプリならではの特徴

この杏林堂のサプリ、ちょっと変わっているのが目の霊山と呼ばれる「油山寺」で祈祷されていること。

パッケージにはこんな帯がついています。

杏林堂ブルーベリーサプリ

油山寺(ゆさんじ)は袋井市にある遠州三山の一つで、薬師如来を本尊とする真言宗のお寺です。山号は醫王山(いおうさん)。

油山寺は701年に行基菩薩によって開基された古刹で、孝謙天皇が目の病気を患った際に、油山寺で祈祷した水で目を洗ったところ病が治ったとされています。

現在でも平癒の祈願に、多くの目を患った人が訪れています。そんな由緒ある油山寺で祈祷されたサプリ。ありがたい気がします。

「醫王山 油山寺」についてはこちら

 

地元の企業が地元の有名なお寺で商品を祈祷してもらって販売する。地元ならではのアイデア商品としても優れていると思います。

 

配合成分の説明書き

薬機法にひっかかるのでパッケージには効能・効果とは書かれていませんが、配合成分についての説明があります。

  • ブルーベリー:ブルベリーの中でもアントシアニンを特に多く含む、北欧産野生種のビルベリー。そのビルベリーから抽出したエキスを2粒中250mg配合しました。
  • マリーゴールド(ルテイン):ルテインは抗酸化作用を持つカロチノイドの一種です。緑黄色野菜に豊富に含まれています。
  • メグスリノ木:日本にのみ自生するカエデ科の落葉樹。昔から樹皮や葉を煎じて飲んだり、また煎液は洗顔や点眼にも用いられてきました。
  • カシス:和名で「クログスリ」と呼ばれ、ブルーベリーとは異なる種類のアントシアニンを含みます。
  • ビタミンA:ビタミンAは夜間の視力の維持を助けるとともに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

「ビルベリー」はブルーベリーの野生種で、目にいいとされる成分アントシアニンをブルーベリーより多く含む品種です。いわゆるブルーベリーサプリ製品に用いられている「ブルーベリーエキス」は、ビルベリーのものであることが多いはずです。

 

成分と値段比較

気になるのは主要成分と含有量。ドラッグストアでよく見かける小林製薬の同等製品と、手頃なサプリでおなじみのDHCのものを比較ました。価格は商品ページの希望小売価格を用いています。

 

成分杏林堂小林製薬DHC
商品名ブルーベリーブルーベリー ルテイン メグスリノ木ブルーベリー
価格1,886円(税込 2,036円)1,900円(税込 2,052円)839円(税込 906円)
量(日数)30日分(1日2粒)30日分(1日2粒)30日分(1日2粒)
ビルベリーエキス250 mg120 mg170 mg
(アントシアニン36%)
ルテイン6 mg
(マリーゴールド色素)
6.4mg
(ルテイン含有マリーゴールド)
0.6 mg
(フリー体として)
メグスリノ木エキス1 mg55.3 mg
カシスエキス5 mg
DHA※3 mg
(DHA含有精製魚油)
ビタミンA2000 IU
ビタミンB11.4 mg2 mg
ビタミンB20.4 mg
ビタミンB61.4 mg2 mg
ビタミンB120.0024 mg40 μg
シソの実油*1156mg
(α-リノレン酸として85.8mg)
総カロテノイド*22 mg
商品ページ

*1 DHCの「シソの実油」に含まれるα-リノレン酸からはEPAやDHAが生成される(量は少ない)
*2 ルテインは「カロテノイド」の一種。抗酸化作用が知られている
*DHC のブルーベリーは他の2つの半額なので参考用に。二者との比較はしません

 


杏林堂のサプリに含まれるブルーベリーエキスは 250 mg。小林製薬のサプリの2倍以上が含まれている計算になります。マリーゴールドは同じくらい。メグスリノ木エキスは杏林堂が1 mg なのに対し、小林製薬のものは55.3 mg と圧倒的に多く配合されています。

意外なことに、夜目に効くとされるビタミンAを含むのは杏林堂のみ。杏林堂の製品はビタミンB群は含んでいませんが、かわりにカシスエキスやDHAが配合されています。カシスはブルーベリーとは異なるアントシアニンを含んでいます。

 

配合成分の種類もさまざまなので直接比較は難しいところはありますが、含む杏林堂の商品に含まれるビルベリーエキス 250 mg は多い部類に属します。

杏林堂のブルーベリーサプリはプライベートブランドなので、同じ成分の商品が他の会社の製品として売られているのかもしれません。が、それはそれとしてコストパフォーマンスはいいです。

価格は手頃なのにルテインやメグスリノキも入っているので、杏林堂のブルーベリーサプリの存在を知ってからは愛用しています。

ただ、ブルーベリーエキスが本当に目にいいかについては疑問の余地があります。

 

ブルーベリーが目にいいとする科学的根拠は薄弱

ここまでブルーベリーサプリの紹介をしてきたのですが、ブルーベリーが本当に目にいいのかは不明です。

そもそも「『目にいい』とはなんぞや」ということからしてはっきりしません。サプリのパッケージには「効果がある」といった文言はありません。「効果あり」という表現を使うと薬機法にひっかかるため、「効果がある」どころか「目にいい」「目に優しい」とすら書けないのです。

巷間に流布する「ブルーベリーは目にいい」説では、成分から推論して原理的にはありえることが書かれています。しかし実際にその効果があるのかといったデータは示されていません。

サプリにはありがちなことですが、「類推」ばかりが独り歩きしています。

「コラーゲン」サプリと比較すると分かりやすいでしょう。コラーゲンをそのまま取り込むことができればコラーゲンの効果を得ることができます。しかし実際には胃でアミノ酸に分解されるので、サプリでコラーゲンを直接体内に取り入れることはできません。

原理的には効果があると考えられても、実際に体内にそのまま取り込めないのなら意味がありませんよね。ブルーベリーエキスについても同じことで、原理的にはありそうな効果が書かれていますが、医学的に実証されていません。

 

個人的経験としてブルーベリージャムを食べてしばらく視力がよくなったと感じたことは一度や二度ではありません。そのためブルーベリーエキスには目に対するなんらかの効果はあるだろうと思っています。ただ、視力はその日の体調や目の疲れ度合いによって視力は大きく変わります。

何時間もモニターに向かった後、ものが見えにくく感じたりすることはよく経験しますよね。いわゆる疲れ目の状態では、視力は自覚できるくらい落ちます。しかい目薬をさしたり、遠くを眺めて目をしっかり休めると元に戻ります。

視力は条件によって変わるため、本当にブルーベリーの効果で目がよく見えるようになったのかは分かりません。

こういう時に便利なのが、科学的な根拠を検証する明治大学の「科学性評定サイト」。「科学性評定サイト」では健康にいいとされるものの信憑性を検証し、A~Eの5段階で評価しています。そしてブルーベリーもその一つに取り上げられています。

 

理論の論理性 D(低~中)

ブルーベリーに含有される成分であるアントシアニンの作用が視力回復効果の主な理論である。また、ビタミンA相当量が豊富に含まれているため眼に良いなど、他の成分による説明がみられることもある。

問題は、ブルーベリー理論がヒトの眼の「何に有効なのか」という対象を特定していない点にある。ヒトの眼の不調については神経系によるもの、内分泌系によるもの、視覚筋肉の働きの低下によるもの、加齢によるものなどさまざまな原因が考えられるが、それらを明確に区別した説明がないのは問題である。

ブルーベリーエキス|疑似科学

 

理論の理論性というとややこしいですが、「理屈として成り立っているか」という話です。理論性の評価はDで微妙なところ。さらに理論性以外はE評価。総評としては疑似科学しています。

一般に作用機序(効果が出る原理)は分からなくても、実証的なデータがあれば「効果が認められる」となります。ブルーベリーのアントシアニンの「視力への効果」については作用機序は判明しておらず、「研究に基づくデータ」もないため「目にいい」とする根拠がないことになります。


これまた一般論ですが、後にきちんとした研究が行われ、後からその効果や作用機序が判明することもあります。

ブルーベリーについても、いずれ効果があるとする研究結果が出るかもしれませんが、少なくとも現段階では「ブルーベリーは目にいい」という話は科学的には立証されていません。それでも効果を実感できたなら飲むというのがいいかなと思います。

サプリにはふつうのブルーベリーではなく、アントシアニンが多く含まれているビルベリー(野生のブルーベリー)のエキスが配合されています。

有効かもしれない成分は多いほどよさそうなものですが、視力に限ればふつうのブルーベリージャムの方がいいと個人的に感じています(視力が回復するわけではなく、一時的によく見えるようになる)。

 

科学的根拠はなくても服用してもいい

ブルーベリーエキスが目にいいとする根拠がないので人には薦めていませんが、私自身は毎日飲んでいます。本当に効果があるのかは分かりませんが、目の疲れに効いていると感じています。目の疲れを翌日に持ち越すと、肩こりや頭痛につながるので辛いですが、それがなくなりました。

ただ、疲れ目への効果を実感できたのは小林製薬と杏林堂のものだけなので、果たしてブルーベリーによるものなのか、メグスリノキによるものなのか、あるいはただのプラセボなのかは不明です。

プラセボにせよそうでないにせよ、1日70円程度で目の疲れがとれるならいいというつもりで飲んでいます。

このページで紹介した商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください