JR東海浜松工場『新幹線なるほど発見デー』2018 今年は9月16日

JR東海浜松工場

新幹線なるほど発見デー 2018

 

9月16日(日)

開場 10:00~

 

申し込みなど、詳細は6月下旬よりJR東海イベントページに掲載される予定です。

 

浜松工場 新幹線なるほど発見デー|JR東海

JR東海浜松工場で毎年7月下旬に開催されている親子向けイベント、『新幹線なるほど発見デー』。

『新幹線なるほど発見デー』では日頃は入ることのできない工場や設備、さらに新幹線の運転台も見学できるとあって、毎年1~2万人が訪れています。

今年 2018年 は、9月16日(日)と、9月に入ってからの開催となります。

場所は『JR東海・浜松工場』。駐車場はないため、浜松駅から運行される無料シャトルバスか、路線バスで訪れます。

これまでは夏休みに入った7月の第3か第4土曜日・日曜日に開催されることの多かった『新幹線なるほど発見デー』ですが、今年は9月に入って、少し涼しくなってからのようです。

遠方からの参加は少し辛くなったかも。

参加には事前申し込みが必要な催しもあるので、詳細が発表される6月に下旬はお父さんお母さんはチェックをお忘れなく。

 

今年もあるかは分かりませんが、JR東海ツアーズの企画する特別列車「浜工新幹線」では、東海道新幹線で唯一の踏切を通過。日頃は目にすることのない新幹線の窓からの景色を見ることができます。

 

昨年の情報

以下は昨年の情報です。参考までに。
DSC_7808

JR東海ツアーズならこんなプランも

JR東海ツアーズなら、乗車している新幹線がそのまま浜松工場に入る特別列車「浜工新幹線」のプランもあります。

「浜工新幹線」ならではの特典として、東海道新幹線から浜松工場の間にある東海道新幹線で唯一の踏切通過も体験できるというおまけ付き。

さらに到着が午前9時過ぎと、開場前に工場に入ることができます。余裕をもってイベントを楽しめるプランです。

 

JR東海ツアーズ『新幹線なるほど発見デー』
http://www.jrtours.co.jp/naruhodo/

 

『新幹線なるほど発見デー』へのアクセス

JR東海浜松工場までは当日運行されるシャトルバスか、公共交通機関をご利用下さい。シャトルバスは列ができるので、時間帯によっては路線バスの方がいいかもしれません。

シャトルバス乗り場

シャトルバスは浜松駅北口を出て右に折れて、横断歩道を渡った先のアクトシティー(大きなタワー)の南側にあります。

 

路線バス

バスターミナルへは、浜松駅北口を出てすぐのエスカレーターで地下へ。バスのりばの看板の出ているエスカレーターで登ります。

浜松駅バスターミナル5番乗り場

遠鉄バス20系統で「伊場遺跡入口」下車
運賃:150円
所要時間:10分
伊場遺跡入口下車:徒歩3分

浜松駅北口バスターミナル

 

 

遠鉄バス20系統で「伊場遺跡入口」下車。

浜松工場までの所要時間は道路の混み具合により、10分から15分程度。

浜松駅バスターミナル5番のりばより、遠鉄バス20系統バスに乗車。所要時間は10分~15分。

「伊場遺跡入口」下車。運賃は150円。(「JR浜松工場」バス停は入口からは少し遠くなる)

 

JR東海『新幹線なるほど発見デー』2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.