このページは不快指数と気温・湿度の関係をグラフ化したものです。

打ち水はいつやってもいいと思っていたのですが、湿度が上がるから昼間の打ち水は避けたほうがいいという話を耳にすることが多かったので、いつやるのがいいか検証するためにつくったものです。

>>打ち水はいつがいいかについてはこちら >>印刷用の表はこちら。グラフは右上の三をクリックするとダウンロードできます。


不快指数早見表
湿度 25℃ 26℃ 27℃ 28℃ 29℃ 30℃ 31℃ 32℃ 33℃ 34℃ 35℃ 36℃ 37℃ 38℃ 39℃ 40℃ 41℃ 42℃ 43℃ 44℃ 45℃
0 66 67 68 68 69 70 71 72 73 73 74 75 76 77 77 78 79 80 81 81 82
5 67 67 68 69 70 71 72 73 73 74 75 76 77 78 79 79 80 81 82 83 84
10 67 68 69 70 71 72 73 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 83 84 85
15 68 69 70 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87
20 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88
25 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 85 86 87 88 89 90
30 69 70 71 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 84 85 86 87 88 89 90 91
35 70 71 72 73 74 75 77 78 79 80 81 82 84 85 86 87 88 89 91 92 93
40 70 71 73 74 75 76 77 79 80 81 82 83 85 86 87 88 90 91 92 93 94
45 71 72 73 75 76 77 78 80 81 82 83 85 86 87 88 90 91 92 93
50 71 73 74 75 76 78 79 80 82 83 84 86 87 88 90 91 92 93
55 72 73 75 76 77 79 80 81 83 84 85 87 88 89 91 92 93
60 72 74 75 77 78 79 81 82 84 85 86 88 89 91 92 93
65 73 74 76 77 79 80 82 83 84 86 87 89 90 92 93
70 73 75 76 78 79 81 82 84 85 87 88 90 91 93 94
75 74 75 77 79 80 82 83 85 86 88 89 91 93 94
80 74 76 78 79 81 82 84 86 87 89 90 92 94
85 75 77 78 80 82 83 85 86 88 90 91 93
90 75 77 79 81 82 84 86 87 89 91 92 94
95 76 78 79 81 83 85 86 88 90 92 93
100 77 78 80 82 84 86 87 89 91 93
表はWikipedia 不快指数より作成

フォントサイズ 

>>検証はこちら >>印刷用はこちら


不快指数は1℃上がるごとにおおむね1~2増加。それに対して湿度は5%ごとに指数が1~2増加します。

単位あたりの不快指数に対する寄与度は気温が圧倒的に大きくなります。多少湿度があがったところで、気温が1℃か2℃下がれば快適になることを意味します。

こちらのグラフは横軸に湿度、縦軸に不快指数を取ったもの。

気温1℃ごとに線を引いてありますが、初期状態では5℃ごとに表示させています。同じ湿度であれば、5℃の違いは不快指数にして5ほどの違いがあることが分かります。一方、同じ不快指数に着目すると、湿度25%程度で不快指数が5変わることが分かります。



こちらは気温を横軸に、湿度を縦軸にとった不快指数のグラフです。

それぞれの線はその指数の境界を表し、線の下はそれ未満を意味します。指数75の線の下は、指数75未満の領域ということです。

同じ気温で不快指数が5上がるには、25%~30%程度の湿度上昇が必要であることが分かります。

>>検証はこちら >>印刷用はこちら