風邪・インフルエンザ予防法 お茶・紅茶の予防効果は微妙?

手洗いインフル風邪予防

毎年1月から2月にかけてピークとなるインフルエンザ。
その感染力は強く、毎年約10人に1人が罹患するほど。

自覚せずに終わることも多いのですが、熱が出てしまったら大変。
高熱が出ているときのしんどさだけでなく、熱が引いてからの違和感もできれば味わいたくない。

というわけでインフルエンザ予防法をば。もちろん普通の風邪にも役立ちます。

感染経路と基本対策

インフルエンザの感染経路は飛沫感染と接触感染の二つ。

クシャミや咳による飛沫感染はマスクをしておくと避けられるのですが、後述するようにマスクの扱いには注意が必要です。

接触感染は手洗いで予防します。
下のイラストは首相官邸のインフルエンザ予防のページにあるものです。

手洗いの際は

  • 爪は短く切っておく
  • 時計や指輪は外す

となっています。

手を洗うタイミングは

  • 帰宅時
  • 人ごみから出たあと
  • 交通機関を利用したあと
  • 咳やくしゃみを手で押さえたあと
  • 食事の前
  • 食品を取り扱うとき
  • トイレのあと

手洗いは基本として、さらにインフル・風邪予防に効果のありそうなことを紹介します。

スマホの消毒

インフル・風邪の予防で意外と盲点となっているのがスマホのタッチパネル。

ウイルスというとクシャミや咳などによる飛沫感染を気にすることが多いですが、接触感染は油断しがちではないですか?

トイレのついでや家に帰ってからの手洗いは丁寧にしても、手洗いする前の指で触れまくっていたスマホがそのままでは、せっかく手を洗ってもスマホから手に再びウイルスが付いてしまいます。

家についたときばかりでなく、食事前やおやつ前など、手を洗う時についでに除菌シートでスマホを拭くようにする。
毎回となると煩わしく感じますが、試してみる価値ありです。

このアイデアはテレビや雑誌にもよく登場する五本木クリニック院長ブログで紹介されているもので、医学的に証明されているわけではないものの、自信を持っておられるようです。

スマホの場合、ゴテゴテしたカバーを付けていない限り表面はツルツル、でもよくよく見れば手あかが着きまくりじゃないでしょうか。公共交通機関の椅子やドアや取っ手に風邪を引いた人の飛沫が付着していたら、それを手でさわってしまった後でスマホをいじれば当然画面や裏面にウイルスが付着します。スマホをいじりまわしている人の多くに、特に女性に見受けられるしぐさとして時々口周辺に手を当てる、あるいは指先を咥えるがあると思います。この感染経路に着目した私は

◎スマホは風邪のウイルスがうようよ棲息しているリスキーな感染源との仮説を立てました
交通機関を利用したら必ず除菌シートでスマホを拭く、たったこれだけの習慣で当家の受験生は無事に受験シーズンを乗り越えました。医学データとしては症例報告レベルであり、データ解析に耐えうるもの対象数でもありませんし、ダブルブラインドで調べたものでもないですが、理屈で言えばこれかなり効果あると考えております。

五本木クリニック | 院長ブログ

妙齢の殿方をオッサン呼ばわりするブログですが、非常に面白いので関連記事もご一読あれ。

お茶・紅茶でのうがい

官邸サイトでは「うがい」による「インフル」への効果は科学的には立証されていないとしています。

※ うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。

また、静岡県立大学薬学部の研究でも統計的に有意な数字は出なかったとしています。

インフルエンザや風邪などの予防によいといわれている緑茶でのうがいだが、水道水でのうがいと比べて効果が変わらないとする研究結果が、5月16日発行の米科学誌「PLoS One」(2014; 9: e96373)に発表された。報告した静岡県立大学薬学部の山田浩教授らは、高校生800人で検討した結果、”緑茶うがい”の方がインフルエンザを予防する傾向がみられたものの、統計学的に意味のある差ではなかったという。

その一方で普通の水でのうがいでもインフルエンザの予防に効果があるとする研究もあり、お茶・紅茶だとより効果があるとするデータもあります。

“緑茶うがい”のインフル予防効果、水道水と変わらず | あなたの健康百科

一方でお茶が効果があるとする結果も掲載されています。

静岡県立大学 2014年12月12日

薬学部の山田浩教授(医薬品情報解析学分野)は、カテキンをはじめとする緑茶成分の抗ウイルス作用等について研究しており、伊藤園中央研究所と社会福祉法人白十字ホームとの共同研究では、カテキンを含む緑茶成分のインフルエンザ予防効果が実証されました。

古い研究ですが、紅茶に関しては効果ありとするものもあります。

平成4年10月18日から平成5年3月17日の期間、297人の同一職場域の社会人を対象に紅茶エキス(通常の飲用濃度、無糖)を用いたうがいによるインフルエンザ予防効果を調査しました。その結果、紅茶エキスでうがいをした群での感染率35.1%に対して何もしなかった群では48.8%で、統計学的にも有意な差が認められています。

抗インフルエンザウイルス作用 | お茶の健康パワー | 三井農林 お茶科学研究所

お茶の産地静岡では緑茶のうがい効果について研究がされていますが、まだ結論が出ていない、という状態のようです。

カテキンつながりで紅茶・緑茶ともに有効とする大学関係のサイトも多いですし、効果があるとする研究もあるので試してみてもいいかもしれません。

加湿器を使う

空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が落ちてしまいます。

部屋の湿度を適切(50~60%)に保つと、免疫力がきちんと働くようになります。

加湿器は超音波式のものが調整しやすく値段も安いのですが、水に含まれている金属イオンなども一緒に気化させるため、電子機器などの表面に影響が出ることがあります。
通常の使用ならそれほど問題はないと思いますが、気になるようならスチーム式のほうがいいです。

濡れタオルを暖房器具前に置くのも手軽でおすすめです。

マスクは外す時に注意

マスクは罹患した人が感染を広げないために使う場合と感染を予防した人が使う時では注意点が異なります。

  • インフル・風邪に罹患した人が使う時は内側に触れないよう外し、外側を表にして捨てる。
  • インフル・風邪を予防したい人は表面(外側)に触れないように外す。捨てる時は内側を表にして捨てる。

マスクの予防効果は疑問視をされることがあります。
その理由はウイルスはマスクの繊維網では阻めないことと、せっかくマスクでウイルスの飛沫感染を防いでも、表面を触ってしまって接触感染をしてしまうためです。

最近では飛沫だけでなく、通常の呼吸をしているだけでもウイルスが空気中に撒かれているという研究が発表されました。
空気感染してしまうのなら、マスクをしなくてもそれほど違いはでないんですね。

現在ではインフルエンザにかかった人がマスクをする、という方向にあるようです。

うがいは微妙なところがありますが、こまめな手洗いとスマホの消毒、湿度を50%以上は是非お試しを

参考 (季節性)インフルエンザ対策首相官邸 参考 効果的な手洗い・マスク・うがいのしかた関西学院保健室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください