厚生労働省によるインフルエンザ予防法と罹患してからの対応ガイド

厚生労働省公式ツイッターのインフルエンザ関連ツイートです。

メディアではさまざまなインフル予防法が紹介されていますが、論文に基づいた情報であっても必ずしも正しいとは限りません。
あることをすると予防に効果が認められたとする医学論文があったとしても、のちに別の論文で覆され「効果は認められない」といったこともあるためです。

「どれを信じたらいいのか分からない」「書かれていること全部なんてやってられない」というときは、とりあえず国の機関の情報を参考にするのがいいです。

インフルエンザの基礎知識

インフル飛沫感染対策

インフルエンザにかかったかも?かかったら?

 

補足

マスクはインフル予防のためではなく、他の人にうつさないために用いることを推奨しています。
というのもマスクがインフルの予防になるかは分からないのに、位置を直したり外す時にマスクの表面を直接手で触れば感染リスクが高まってしまうためです。

適切に扱うのは面倒なんですね。

もう一つ、インフルは飛沫(くしゃみや咳)ではなく、呼吸をしているだけでも空気感染するという研究データが最近発表されました。
マスクはインフルウイルスを捕まえることはできないため、できるだけ人混みを避けるしかないという医師もいます。

行政は新しいものを片っ端から取り入れたりはしません。
効果が認められてから動くというくらいに保守的でなければ困るためです。

で、出てくる結論は手洗いをしっかりしようということですね。

その他具体的な予防策はこちらのページにまとめてあるのでご覧ください。

手洗いインフル風邪予防風邪・インフルエンザ予防法 お茶・紅茶の予防効果は微妙?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください