2018年のスーパームーンは1月2日、残念ながら浜松静岡では「完全な」満月は拝めない【1月2日追記】

スーパームーン2018

月と地球の距離がもっとも近くなり、大きさが最大に見えるスーパームーン。直径は14パーセント大きく、明るさは30パーセント増しとなります。

2018年のスーパームーンは元旦の夜から1月2日午前にかけて見ることができます。今回は356,565kmにまで近づきます。

中空では比較の対象がないため、大きくなったと言われても素人ではそんなもんかと思う程度ですが、明るさの違いははっきりわかります。

今月は皆既月食も
1月31日には皆既月食があります。21時51分ごろなので忘れずに見たいですね。

1月2日追記

ツイッターできれいな写真を見つけたので掲載させてもらいます。

地上付近だと大きさが分かりやすいですね。きれいに撮れてていいな。うちは明るすぎて無理でした。

ちょっと残念な2018年スーパームーン

初日の出を見た後は満月も拝もう!と言いたいところですが、月の入りは6時34分。さらに「完全な」満月となるのは11時24分で、月が沈んだあとの昼間。ということで、まん丸の月を望むことはできません。

月がもっとも近づく近地点通過は1月2日6時49分。1月2日の月の入り(月が暮れる)は6時34分。

日の出
静岡 6:55
浜松 6:56

うーん、静岡県では日の出前に月がもっとも近づくことになりますが、その時には月は暮れてしまっていますね。残念。

そうはいっても月がもっとも大きく見える日なのは確かで、ほぼ満月は見られます。

今晩深夜、または明朝早起きして冬の夜空に煌々と輝く月を眺めてみてはいかがでしょう。

スーパームーンについて

月の軌道は地球を中心に楕円を描いているため、もっとも遠い地点にある時は小さく、もっとも近い位置にある時は大きく見えます。

月が地球に最も近づいた時に地球から見える月の大きさが最大になります。その状態がスーパームーンと呼ばれます。

先にも述べたように、天空にある時は比較するものがないため、大きいかどうかは素人目には分かりません。しかし「明るい」ことははっきりわかります。

スーパームーンの周期はおおむね13~14ヶ月に1度ですが、地球と月の位置関係によってはもっと短い間隔で観察できることもあります。次回のスーパームーンは2019年2月19日(火)で、356,761kmまで近づきます。

2018年最大の満月は1月2日午前、最小の満月は半年後の7月28日。

今日(明朝)と7月に同じ場所で写真を撮って、最大と最小の月の大きさを比較してみると面白いかもしれません。

最小の満月は時期的に子どもの自由研究にもいいかも。

こちらも参考にどうぞ

参考 2018年最大の満月(2018年1月)国立天文台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください